どくだみ茶の効能、ニキビ便秘を解消する、デトックス効果有り

どくだみは水路沿いの半日蔭地等を好むが、住宅周辺や道ばたなどにも自生している。開花期は5~7月頃で白い花をつける。 繁殖力が高く、地下茎で繁殖する。
どくだみ茶は十薬ともいわれる。開花期の地上部を乾燥させてつくる。
どくだみ茶は動脈硬化の予防作用が有る。体内の毒素を体外へ排泄することで血液をキレイにする。デトックス効果がありニキビ、吹き出物、便秘の解消によい。ただし腎機能低下の人はカリウムの摂りすぎに注意する。

どくだみ茶 成分と効能
ミネラル類:カリウムが多い。他カルシウム・マグネシウム・鉄・マンガン・亜鉛
フラボノイド類:抗酸化作用、血液サラサラ、殺菌作用。
クエルシトリン:利尿解毒作用や緩下作用、毛細血管を強化

関連記事

    None Found

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ