ウコン茶の効能、肝臓によい、アルツハイマーを予防する。

春ウコン(ショウガ科ウコン属の多年草)
原産地はインドで、根茎に含まれるクルクミンは黄色い染料の原料としても広く用いられてきた。 日本のカレー粉に使われるのは、苦みが無くオレンジ色の秋ウコンのこと。健康茶として普及しているのは苦く黄色の春ウコンである。消化系・肝臓の症状改善や健胃、アルツハイマー予防などの薬効がある。

ウコン茶 成分と効能
クルクミン(ポリフェノール:抗腫瘍作用や抗酸化作用、抗アミロイド(アルツハイマー予防)作用、抗炎症作用。
精油成分
ターメロン:胆汁分泌促進
シネオール:胆汁・胃液の分泌の促進
α―クルクメン:コレステロールを溶かし、高脂血症に有効
クルクモール:抗がん作用
β―エレメン:腫瘍予防の効果
カンファー:健胃・殺菌効果
その他の成分:ミネラル(鉄分等)、食物繊維、デンプン、カリウム、カルシウム、ビタミンC、カロテン

関連記事

    None Found

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ