ごぼう茶の効能、血糖値の上昇抑制、抗酸化作用、血液浄化、アンチエイジング効果有り。

MINOLTA DIGITAL CAMERA

MINOLTA DIGITAL CAMERA

ごぼう(キク科の多年草)
根や葉を食用とする。花期は6〜7月、紫色のアザミに似た総苞にトゲのある花を咲かせる。
ゴボウは連作を嫌うため、同じ畑では2-3年後でないと作れないとされている。
ゴボウは生薬・漢方薬にも用いられ、利尿、発汗、血液浄化、皮膚疾患(ニキビ、湿疹、乾癬)に効果がある。デトックス、ダイエット効果、アンチエイジングにも効果がある。

ごぼう茶(キク科)成分と効能
クロロゲン酸(ポリフェノール):抗酸化作用
サポニン :抗酸化作用
タンニン :抗酸化作用
水溶性食物繊維のイヌリン :利尿効果、糖尿病予防、不溶性食物繊維の便秘、大腸がん予防
ペルオキシターゼ :活性酸素の毒性を消す酵素
アルギニン :滋養強壮のアミノ酸、
セレン :抗酸化作用、がん予防、精子増加
亜鉛  :酵素を活性化し細胞分裂や新陳代謝を促す,タンパク質の合成,抗酸化作用,アルコール分解,
免疫力向上,育毛、精子を作る、精神の安定(亜鉛の一日最大摂取量は16mgです。とりすぎると鉄と銅の乏症を招く、サプリメント以外では吸収力が悪いのでとり過ぎることはない)

皮ごと美味しく飲める【ナチュレライフのごぼう茶】

ごぼう茶 国産 送料無料【2セット以上で増量サービス】イヌリン 水溶性植物繊維豊富 お試し 国産 健康茶 送料無料 ネコポス 70g 牛蒡茶 ゴボウ茶

関連記事

    None Found

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ