緑茶(茶の木)の効果効能、カフェインは利尿と覚醒、カテキンの抗酸化作用でアンチエイジングとがん予防

110519チャノキ
原産地はインド・ベトナム・中国西南部とされる、亜熱帯産の植物であるため寒さと乾燥には弱い。花は10-12月初旬ごろに咲き、花と同程度の大きさの実をつける。ツバキ科ツバキ属の常緑樹。
緑茶はチャノキ(茶の木)から摘み取った茶葉を加熱蒸製乾燥処理することでつくられる。これにより発酵は妨げられる。
chaxi
茶の実

緑茶(日本茶)成分と効能
カテキン :抗酸化作用、悪玉コレステロール低下、脂肪の吸収を穏やかに、がん予防、虫歯予防、抗菌作用
カフェイン:覚醒、利尿作用
ビタミン類 ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンE、葉酸、βカロテン:抗酸化、動脈硬化予防等
γ-アミノ酪酸(通称:GABA):血圧を下げる、神経を鎮める
サポニン :抗炎症作用、抗アレルギー作用
フッ素  :虫歯予防
ミネラル、クロロフィル

関連記事

    None Found

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ