ツボクサ茶の効能、長寿と脳細胞の若返り、記憶力向上

ツボクサ(ゴツコラ)は亜熱帯から熱帯にかけて世界中に広く分布し、花期は夏、葉柄から1(-2)本の花茎を伸ばし、先端に1個の花序を付ける。インドではインドのアーユルベーダにも使われ、魔法の植物とまで言われています。日本でも化粧品の原料として輸入され使われています。
WHO(世界保健機構)が「21世紀の驚異的薬草」保護すべき薬用植物の中でもっとも重要なものの一つ」と位置付けています。
肌や髪をきれいにし、血管を丈夫にし若返り、長寿薬、脳の神経細胞を増やし集中力記憶力向上、認知症予防に、さらに眼をよくする、強壮作用、抗炎症、傷の治癒、皮膚疾患、末梢血管拡張、利尿、緩下、鎮静効果を持つとされる。
ツボクサは、子供から大人まで、すべての世代 に欠かせない薬草として利用できます。

つぼくさ茶(セリ科)成分と効能
トリテルペノイドサポニン
(アジアチコサイド、ブラーモサイド、サンクニサイド):内分泌性ホルモンや免疫システムのバランスを保ち、体のホメオシタシスを最適に維持してくれる。トラウマ、不安、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める。強壮作用、去痰作用、末梢血管拡張、血行促進、鎮静作用等
配糖体アジアコシド :抗炎症作用、皮膚の代謝、肉芽形成促進
アルカロイド(ヒドロコチリン)、
リテルペン酸
タンニン
苦味物質
アロマオイル(精油、エッセンシャルオイル)等
苦味物質

関連記事

    None Found

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ