ウラジロガシ茶の効能、腎臓結石や胆石の結石を溶かす

yjimage
ウラジロガシ(ブナ科、広葉樹)茶
木は20mにもなり、渓流沿い等の温暖湿潤な環境に生育する。花は穂状で5-6月頃に咲き、長さ4cm前後。
材は堅く、建材や家具材等に用いられる。また、葉を乾燥してお茶にして飲むと胆石や腎臓結石を溶かすといわれている。エキスは胆石・腎臓結石排出促進作用があり、結石の治療に使用されている。ウラジロガシを入浴剤として使用すると、切り傷・やけど・にきび等の肌荒れ・痔等に効果がある。

ウラジロガシ茶(ブナ科広葉樹)成分と効能
カテコナール・タンニン :カルシウムを溶かし結石抑制や溶かす効果を持つ
フラボン :フラボノイドの中に分類される。
トリテルペン
脂肪酸

関連記事

    None Found

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ