オオバコ茶の効能、便秘解消とダイエットの他、健胃、強壮、消炎作用も有り

bcf5a3171b8f6feac5c000ef0d8a03db
オオバコ
オオバコ科の多年草。春から秋にかけて、白い花を穂状につけます。
オオバコ茶は全草を水洗いし、日干しにした後、陰干しにして完全に乾燥します。
咳止め、利尿、健胃、強壮、整腸、消炎、鼻血、むくみ、利尿作用、下痢止め、便秘解消、食欲増進、風邪予防、眼精疲労回復、ニキビ改善、ダイエット効果、デトックス効果など広範囲に効果があります。
漢方では全草を乾燥したものを車前草、葉だけを乾燥したものを車前葉、種子だけを乾燥したものを車前子と言っています。

オオバコ茶  成分と効能
・アウクビン(イリドイド配糖体):抗炎症作用、抗細菌作用、抗真菌作用、抗ウイルス、抗肝毒性、利胆、低血糖、鎮痛、抗変異原性、抗腫瘍、免疫調節などの広範囲にわたる生理活性がある。
・コリン :ビタミンB群の仲間、循環器、脳の機能、細胞膜の形成や修復
・オークビン
・プランタギニン(フラボン配糖体)
・コハク酸
・ヒスピズリン
・ビタミンA・C・K、有機酸スルフェオラフェン

関連記事

    None Found

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ