メラトニンの効果、セロトニンからつくられアンチエイジング効果、免疫力強化作用有り。メラトニン分泌を増やす方法とは?

graph31
メラトニンはトリプトファンからセロトニンを経て体内で合成される。 動物ではホルモンの一つで脳の真ん中にある松果体から分泌される。

昼間強い光を浴びるとメラトニンの分泌は減少し、夜、暗くなってくると分泌量が増える。睡眠ホルモンとも言われ、夜に分泌量が増えると脈拍・体温・血圧・などを低下させ、それで体が睡眠の準備が出来たと認識し、眠りに入っていく。
又、朝日を浴びて規則正しく生活することで、メラトニンの分泌する時間や量が調整され、人の持つ体内時計の機能、生体リズムが調整される。人は歳を取るとメラトニンの分泌量が減るため、眠る時間が短くなる傾向になる。
graph32
メラトニンには抗酸化作用があり細胞の老化を防止して若々しさを保つ効果、抗ガン効果、免疫力増強効果もある。
一方増加で性腺刺激ホルモンが抑制されて生殖腺の発達と機能を抑制する作用があるので、サプリメントで摂りすぎないよう注意も必要ですが、むしろ逆に子供がスマホ使用等の夜更かしにより、メラトニン不足になり性腺刺激ホルモンが増加し早熟が進行することが問題視されている。

メラトニンの分泌を増やし良い睡眠をとるためには
・朝日を浴びる。
・部屋の照明を赤色系にする。
・寝る前のPCやスマートフォンによる青色光を避ける。
(夜間の青色光は交換神経を刺激し体内時計を狂わせメラトニンの分泌を抑制する。)
・適度な運動をして生活のリズムを整える(早寝早起きの習慣)
・ストレスをためない。
・セロトニンを増やす(メラトニンはセロトニンから体内で合成される)。
22

なお昨今使われている白色LED照明には青色残光がありメラトニン分泌を抑制するので注意が必要。

関連記事

    None Found

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ