高麗ニンジン・オタネニンジンの効能、苗を育ててみた。

オタネニンジンの効能、不老長寿と若返り
朝鮮ニンジン
管理人のプランター栽培(1年前に植えたもので翌年芽を出し、夏過ぎ赤い実をつけた)

オタネニンジンは、ウコギ科の多年草。原産地は中国の遼東から朝鮮半島にかけての地域といわれ、 中国東北部やロシア沿海州にかけて自生する。
薬用または食用に用いられ、チョウセンニンジン(朝鮮人蔘)、コウライニンジン(高麗人蔘)とも呼ばれる。
全体の70%以上が韓国と中国で栽培されているが、日本では福島県会津地方、長野県東信地方、島根県松江市大根島(旧八束町)の由志園などが産地として知られる。
皮を剥ぎ、根を天日で乾燥させたものを白参(はくじん)、皮を剥がずに湯通ししてから乾燥させたものを紅参、(こうじん)という。
果実には根の4~5倍のサポニン群を含有する。

成分と効能
ジンセノサイドとよばれるサポニン群(30種類以上):糖尿病、動脈硬化、滋養強壮に効能があり、自律神経の乱れを整える作用もある。
不老長寿、強精などを目的として利用されてきていますが、体内の新陳代謝機能の増進や内分泌の促進、精神安定作用、中枢興奮作用などの幅広い薬効が知られています。とくに、副腎皮質ホルモンの分泌を促進する作用は、体自身がホルモンを作る作用を助けます。
また血液をサラサラにしてくれるので成人病をストップする。皮膚の新陳代謝が活発になり、シミも薄くなり、肌が若返る美肌効果があります。
その他:ビタミンやミネラル、アミノ酸などの多糖類

高麗人参の最高峰はこちらです

【クーポン対象】高麗人参サプリ 6年根・高麗紅参精タブレットGOLD(120粒)

関連記事

    None Found

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ