生姜の効用-冷え性改善と免疫力UP

 

ginger_img01

生姜は昔から体をホカホカと温め、冷え性改善の食材として広く知られています。

生姜の辛み成分ジンゲロールの効果

生姜の辛み成分はジンゲロールと言い、免疫力UP、白血球の増加、抗アレルギー作用、抗炎症作用といった効果があります。生姜をおろして冷や奴と食べると効果が大きいです。また吐き気を抑制することでも知られています。ジンゲロールはさらに強い殺菌作用があり、腸管出血性大腸菌O157に対する殺菌効果が報告されています。

ジンゲロールが変化したショウガオールの効果

生姜は加熱又は乾燥により水分が抜けると、ジンゲロールはショウガオールに変化し、ショウガオールには血管拡張作用があり、体を温めて免疫力をUPし、冷え性を改善し、発汗を促してダイエット効果も期待できます。またショウガオールはジンゲロール以上に抗酸化作用があり、老化防止にも効果が期待できます。

生姜を摂って健康を目指そう!

おろし生姜、生姜焼き、佃煮、はちみつ漬、甘酢生姜、生姜湯等、日々の食生活に取り入れ健康をめざしましょう。

キャプチャ1

一度は味わってほしい職人さんの無添加生姜シロップ

《生姜発酵ドリンク》

5000億個の乳酸菌が入った生姜シロップ『乳酸ジンジャー』で毎日ポカポカ!

 

 

関連記事

    None Found

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ