機能性食品 AHCCとは? ガン、糖尿病、高血圧等生活習慣病にも効果‼


AHCCとはブランド名、で意味は?

AHCCとは、Active Hexose Correlated Compoundの略称で、活性化された糖の関連化合物集合体という意味で名付けられた。

1989年に、株式会社アミノアップ・ケミカルと岡本俊彦博士(東京大学薬学部)によって開発された栄養補助食品のブランド名です。

AHCCは、複数のキノコの担子菌を酵素と反応させた培養液から、生理活性物質を抽出して得られた、健康復元物質の集合体であるとされています。

 

AHCCは他のキノコ製品より体に吸収されやすい

他のキノコはβ-グルカンと呼ばれるものが主成分です。AHCCはβ-グルカンよりも低分子なα-グルカンが主成分となっているため、大変吸収されやすくなっています。

 

AHCCは薬理作用物質の宝庫

これまでに明らかになった薬理作用物質はβ-1・3グルカン、α1-4グルカン、インターロイキン-12誘導物質、活性ヘミセルロースがあり、そのほかに分析解明が進められている多様な薬理作用のある物質があります。

AHCCの有効分野

1.ガン
抗腫瘍、転移阻止、再発予防、免疫力賦活(ナチュラルキラー細胞、キラーT細胞の活性化)、抗がん剤の副作用の抑制と予防

2.肝炎
B型肝炎、C型肝炎、アルコール性肝炎、肝硬変の改善と治癒と予防

3.糖尿病
血糖降下作用、糖尿病合併症の予防と改善

4.高血圧
血圧降下作用

5.その他
自然免疫や獲得免疫を調節し、真菌や細菌、インフルエンザウイルスに対して感染防御作用

を発揮する。
そのほか関節リュウマチ、帯状疱疹、鬱や疲労の改善効果等が報告されています。

AHCCの二つの利用法

1.病院や医師を通じ、薬との併用、手術との併用で使用する。

2.一般の人々が販売店や薬局から購入して健康維持のため使用する。

医師による治験例

1.ガン
AHCCを服用すると体内でインターロイキン-12が産生され、ガン細胞の成長を抑制、転移を阻止する。

AHCCはガン細胞を強力に抑制することが知られているLAK細胞(リンフォカイン活性化キラー細胞)を増殖させる働きのあるTNF(腫瘍壊死因子)を産生誘導する。

AHCCが肝臓のミクロゾーム酵素で代謝されると直ちに強い抗ガン作用を示すようになる。

2.糖尿病
AHCCの作用で最初は血糖降下作用と血圧降下作用が注目された。

血糖値の異常を劇的に正常化し合併症を改善する効果があった。

AHCCはランゲルハンス島β細胞の損傷を防ぐ-マウスを使った動物実験でわかった。

全身的に患者の体調が改善され並行して血糖値が改善する。これはAHCCで膵臓だけでなく
肝臓とか消化器系や神経系など多面的な生体調整が起こり、その結果糖尿の改善もされたと思われる。

3.肝炎
AHCCを使って、ウイルス性のB型肝炎、C型肝炎の、体にやさしいリバウンド療法が確立されている。
またアルコール性肝炎や肝硬変等の肝疾患に効果を発揮している。

4.その他 メンタルケア
AHCCは肉体面の不調の賦活だけでなく精神面まで及ぶことがかなり早い時期から知られている。
箱庭療法やアロマセラピー、オイルマッサージとも併用され、不安神経症や不眠症、アトピー性皮膚炎アレルギーの人たちにも喜ばれている。

AHCC研究会

AHCC研究会は日本、アメリカで、また国際的な研究会・研究報告会等も毎年開催されています。

reference:AHCC治療最前線 旭丘 公志

AHCC イムノゴールドSS (90粒)【1個】【あす楽対応】【東北_関東_北陸_甲信越_東海_近畿_中国_四国_九州】
 

 

 

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ