ステビア草は糖尿病や肝機能改善・老化防止・美肌に、健康から美味しい米づくりまで

ステビア

ステビアは、パラグアイをはじめとする南アメリカ原産のキク科ステビア属の多年草、でその葉に強い甘みがある。。
草丈は 50 cm から 1 m 前後、茎は白い細毛に覆われている。夏から秋にかけて、枝先に白い小花を咲かせる。
            

ステビアは甘味成分として、ステビオシドというテルペノイドの配糖体を含み、砂糖の200~300倍の強い甘みがあり、甘味料としても用いられる。

ステビアは先住民族が甘味料や医療用に利用していた

ステビオシドはショ糖の300倍の甘味度を持ち、原産国の1つであるパラグアイでは、ステビアは古くからマテ茶などに甘味を付与するためや、薬草として用いられてきた。
また、現代ではダイエット用食品や糖尿病患者用メニューなどに砂糖の代わりとして用いられることもある。

ステビアは、ブラジル及びパラグアイの先住民が単に甘味料として、また、医療用として、心臓病、高血圧、胸焼け、尿酸値を低くするなどの目的で使用してきた。
現代でも、糖尿病や高血圧の治療や健胃剤、二日酔い、精神的疲労に対する強壮剤として利用されている。
他にも、原産国の1つであるパラグアイでは、古くから整腸剤として、また美容のために全身に塗ったり、防虫剤としても利用されてきた。

ステビアは、茎にこそ素晴らしい抗酸化活性がある

現在では、ステビアの茎の部分を主原料とし、発酵後に数年間熟成させた健康飲料や化粧品への応用もされている。

ステビアの有効成分‐カリウム無機塩類の成分
ビタミンA(ベータカロチン)、ナイアシン(ニコチン酸)、ナトリウム、鉄、ビオチン、パンテトン酢酸、カリウム、リン、カルシウム、マグネシウム、α‐トコフェロール(ビタミンE)ピリドキシン(ビタミンB6)、フラボノイド(ビタミンB2)
ポリフェノール

体の免疫を高め、老化を止めるステビア、驚きの抗酸化力

複合・相乗的作用による抗酸化活性効果、特に悪玉活性酸素の過酸化脂質(脂質ヒドロペルオキシド)の捕捉効果がが大きい。
悪玉活性酸素に対する抗酸化活性がステビア葉の6倍、緑茶の5倍あることが実験で証明された。

ステビアの効果、注目の医学研究
糖尿病、慢性肝炎、C型肝炎、脂肪肝等肝機能障害、抗エイズ活性、他抗ウイルス活性、アトピー、アレルギー体質等に、優れた効果があることが各医学研究学会等で発表されている。
  
肌すべすべの効果も
ステビア草・エキスは皮膚の抵抗力を高め、かぶれやニキビを予防し角質化した肌やカサカサな肌をすべすべにする。

また過酸化脂質の増加を防止してシミやしわができるのを予防する。

ステビアは農業・畜産物の資材にも
ステアビア濃縮液やステビア草の茎・葉を丸ごと粉砕し粉末にしたもの等が、農作物の甘みの向上に、土壌微生物の健全化に、地力向上に利用されている。

  

タイ、ヒラメ、エビの養殖にもステビアを添加して育てると魚が元気になりエビの死亡率が大幅に減少し、美味しい魚が生育される。
また、鶏の飼育にもステビアを与えて良質の卵を生産している。

  

長年の生活習慣による健康バランスをサポート!

ステビアスイート 1kg カロリーゼロの天然由来甘味料 糖質制限 調味料 糖質オフ調味料 ケーキ 砂糖の代わりに

reference:Wikipedia,無病長寿の秘めた力

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ